高校生ラップ選手権で非常に評価の高かったラッパーといえば、WillyWonka aka Taka。

第一回大会から出場し、一時期出場しなくなったものの第七回大会で復活し、

準決勝でユゥトゥザアンサーと延長にまでもつれこみアツいバトルを見せてくれました。

そんなWillyWonkaの気になるところと言えば本名や年齢、そして姿を見せなかった空白期間の出来事。

どうやら少年院に入って中々大変な過去を持っており、ラップ選手権出場停止にされてしまったそうな。

そんなTakaことWillyWonkaのあれこれを探っていきます!

↓↓ラッパー達が着てるファッション↓↓

WillyWonka aka Takaの本名や年齢などプロフィール

willywonka

本名:井上貴吉(いのうえたかよし)

誕生日: 1997年3月26日

年齢:18歳

身長:175cm(推定)

血液型:不明

出身:大阪府

スポンサーリンク
元々「Taka」という名前で活動していたWilly Wonka。

本名が井上貴吉だということは高校生ラップ選手権に出場していた時のプロフィールとして載っています。

一回大会でLilManに押されて負けたTaka。そもそもラップ歴自体は当時から二年ほどあり、

大阪の「韻踏合組合」のHIDADDYのお店でラップを修行し実力を磨いてから出場しましたが、

初テレビということで緊張して会場の空気に呑まれてしまったようです。

ですが、第二回大会では自分の実力を出しきれたのかMCりぼんに勝って一回戦突破!

しかし、GOMESSに二回戦で負けてしまい、3回戦でもLEONに負けてしまいました…。

その後、高校生ラップ選手権には出場せず…一体何をしていたかというと中々壮絶な過去があったようです。

そして第7回目で復活し、言×THEANTHERと準決勝で延長までもつれ込むアツいバトルを見せてくれました。

いや~この時WillyWonkaの名前で出ていたのですが、もうかっこ良すぎてビビりましたね。

WillyWonkaのラップは毒が効いてて何より可愛い顔からのイカツイ声がいい。
スポンサーリンク


そんなWillyWonka、大阪のラッパーを中心に多くのコネクションがあり、色んなラッパーとコラボしています。





いずれもTAKAの声だけ聞いた瞬間分かります。凄い特徴ありますね。

少年院に入っていた?

スポンサーリンク
そんなWillyWonkaですが、高校生ラップ選手権に出場していなかった時期、

実は少年院に入っていたのです。

ラップをやっていて色んな繋がりからか、

どうやら薬に手を出してしまったみたいですね…。

第四回か五回だったが、当時高校生ラップ選手権の予選に出場したところ

バトル中に相手を押したりしてしまって、出場停止になったんだとか。。

その後、高校も辞めてしまい、おばあちゃん家で発狂してしまったようで、

そのまま逮捕されてしまったそうです。

この過去は自身のラップでリリックに綴っています。



 

日本語ラップ界でも非常に話題性を呼び、YouTubeでは80万回以上再生されています。

ヒップホップをしている人は闇の部分と隣合わせ。落ちてしまう人もいるようですが

WillyWonkaはきちんと復帰して今は全国の様々なイベントで活躍しています。

よくフライヤーを見るので、自分も見に行きたいな~と思ってます^^

 

次世代のラッパー・WillyWonka。今後の活躍に期待です!